相模原クラブ「さいきんのニュース」集

伊勢遠征記
〜生かした経験、生かすべき経験〜

10月13日(水)

10月に入って台風が三重県を直撃。関東も雨が続き、どうなるかと思われたが 伊勢大会は予定通り開幕。予定通り出発。

古舘車 14時発 古舘・新井幸・坂井・高橋正・陽三・バット
新堀車 16時発 新堀・溝口・登石・望月・小室・ボール
下里車 21時発 下里・新井敏・山口崇・キャッチャー道具

夜までに常宿「倉野屋」に到着した部隊は、すっかりなじみとなった近くの居酒屋 "Nakiriya" (名前自信なし)で夕食。下里車は14日未明に到着。


10月14日(木)

第3試合ゆえに遅い起床。9時半起床、10時半出発で11時球場入り。 帰省中の大阪の実家から駆けつけた加藤を加える。 弁当を食べながら第2試合の東海REX VS 全三重クラブの試合を観戦。 我々の伊勢大会参加も4回目。こんなに遠くのチームでもどちらも対戦経験のあるチーム。 しかも2回戦に勝ち進めばこの勝者と対戦する。興味深く観戦した。 東海REXの元中日ドラゴンズ・洗平投手がつけ入るスキのない好投。2安打完封勝利。 一方で全三重クラブの投手も東海REX打線を5点に抑えた。


洗平投手と、全三重クラブ最強打者・松藤選手の対戦

2004年10月14日 伊勢市倉田山公園球場
1 2 3 4 5 6 7
大阪ウィング
硬式野球クラブ
2 0 0 0 2 0 0 4
相模原クラブ 2 0 4 0 5 1 × 12
(7回コールド)
  • (大):●水野、伊藤-浜中
  • (相):○新堀、高橋正、下里-下里、山口崇
  • 本塁打:(相) 古舘(満塁)
  • 二塁打:(相) 望月・山口崇

先発の新堀が初回に自らの失策等で2点を失うもすぐに溝口の2点適時打で同点。 3回に1死1.2塁からの小室の適時打に敵失が絡んで打者走者も生還するなどで4点。 優位に進めたかと思いきや5回にはやはり内野の失策から2点を失うも、 その裏古舘の満塁本塁打等で突き放した。6回から登板の高橋正は2死満塁の危機を招いたが、 下里が捕手から投手に移る "予定通り(?)" の継投でしのいだ。 ベストメンバーがそろわずに苦しい布陣となったが、小室・望月・山口崇らにも 好打が出て、人数の少ない投手陣もなんとかしのいだ。全選手起用で今季公式戦初勝利 (遅まきながら)を勝ち取った。主将の古舘は4年がかりでの伊勢サイクル安打達成となった。


試合前のベンチ前風景

試合開始

本塁打賞として
サンジルシ醸造から醤油詰合せ

試合後のクールダウン風景

試合終了後、倉野屋に「勝ったからまた泊まります」と連絡。実家に帰った加藤を除いて 倉野屋に戻り、洗濯・風呂・夕食。夕食後に夜の街に出かける者も数名。とある店では 「いすゞ自動車の野球部にもよく来てくださいました」と言われて少しびっくり。


倉野屋での洗濯風景(高橋正)

夕食風景
(山口崇(左)の言葉で締め)

試合から倉野屋に戻ったとき、パ・リーグプレーオフで惜しくも敗れてオフシーズンと なっていたダイエーホークスの、倉野信次投手が帰省しており、バッタリ遭遇。 というか、紹介してもらったりする。感動。だいたいは「(プレーオフ第4戦)ナイスピッチングでした」 と声をかける中、野球バカ・望月が舞い上がって「日本シリーズ、がんばってください」と 声をかける大失態で、本当のバカぶりを発揮。


10月15日(金)

試合のない日。7時半起床。朝食後、8時半出発で大仏山公園スポーツセンターへ。 多目的運動場で練習。9時から12時まで、シートノック・バッティング等を軽く練習。 初戦敗退していればキャンセル料を払って帰らなければならなかったところ、 無駄にならなくてよかった。


運動場風景
(野球だけじゃないので広い)

練習前風景
(勝ったあとで明るい?)

投手陣二人の別メニューアップ
(と、青い空。本当にきれい)

練習風景
(バッティング)

昼食は全員で倉田山公園球場近くのラーメン屋「熱烈一番亭(神久店)」へ。昨年行ってわりとおいしかった。 小室が大量に餃子を食べたことで自分たちの中では有名になっていたラーメン屋だった。 昼食後は夜のミーティングまで自由時間。宿で寝る者、伊勢大会を観戦する者、 伊勢神宮にお参りする者など。マラソンの野口みずき選手が伊勢神宮で買ったお守りを つけて好結果を出したとかいう話が出た気がする。


ラーメン屋でのワンショット

明野レジェンズ・仲森投手
クラブ選手権ベスト4の立役者?

古舘・倉野投手・陽三
(倉野屋にて倉野投手と思い出のワンショット)

18時から東海REX対策のミーティング。今季の戦いぶり、昨年の対戦、伊勢大会1回戦の スコア等を簡単に振り返る。先発予想を左腕・武田の可能性が高いと読むが結果的にははずれる。

ミーティング後は自由時間とすべく、夕食は倉野屋ではなく各自。倉野屋で倉野投手および お兄さん(?)・お母さんらにどこかおいしそうなところを教えてもらおうと相談すると、 松阪の「千力」を勧められる。飲まない部員が自動車を運転する、 などの調整も済まして結局全部員が行くことになった。味にも量にも大満足。

夕食後は後発の援軍部隊との連絡・調整等。金曜日までの仕事をこなして なんとか翌日の試合に間に合いそうな部員がわりといた。2回戦はベストに近い 布陣を組めそうだ。川崎が電車で深夜に宇治山田駅に到着し、望月が迎えに行く。 他、宮川駅前で素振りする者、数名。


素振り-1

素振り-2


10月16日(土)

援軍が直接倉田山公園球場に到着。

神藤車 神藤・門倉・岩澤・田山
菊地車 菊地・飛弾・高橋貴

第1試合の一城クラブVS東海理化が5回コールドで早々に決着。慌しく試合入り。

2004年10月16日 伊勢市倉田山公園球場
1 2 3 4 5
相模原クラブ 0 0 0 0 0 0
東海REX 0 0 4 4 10×
(5回コールド)

2回まで0-0で推移も、3回裏1死1塁からヒットエンドランを読んでウェストで2盗を刺した プレーが捕手・下里の打撃妨害(バットがミットに当たる)をとられ、一転1死1.2塁の危機に。末吉適時打、金谷3点本塁打で 一気の4失点。4・5回にも相手打線に打たれ、あっけなく5回コールド。打線は4回に新井幸・田山の連打で 作った唯一の無死1.2塁の好機にも中軸が打てずに生かせなかった。


試合前のシートノック風景

試合前の円陣風景

試合中のワンショット-1

試合中のワンショット-2


試合終了後はそれぞれに帰還。いろいろと得るものも多く、楽しい思い出もあった 伊勢遠征だったが、最後の負け方が不完全燃焼だっただけに、複雑な思い。 これで4年連続で参加した伊勢大会は、4年連続初戦突破も、4年連続で2回戦の企業チームの 壁を破れず、2回戦敗退。遠征のやり方、あるいはクラブチームとの1回戦の戦い方等、 これまでの経験が生きてきた部分もあり、また、一方的にやられた東海REX戦などは これからに生かさなければならない経験というようにとらえられる。 いろいろな意味で経験がキーワードになった気がする、第4回の伊勢遠征であった。


4年連続となる伊勢大会出場、由緒ある大会にお招きいただき、大会関係者に 感謝いたします。そして、今年もまた球場で観戦する地元のファンの方々の姿勢を見て 伊勢の野球熱を感じることもできました。 4年連続出場で少しは我々も大会関係者および地元の皆様になじみの顔と なってきたでしょうか。そうであればなによりの幸いと感じます。 また、今回の遠征も多方面からのご支援・ご協力によって実現することができました。 この場をお借りしてお礼申し上げます。

以上、伊勢遠征記は山口陽三がお伝えしました。


さいきんのニュースのページ

相模原クラブのページ