相模原クラブ「さいきんのニュース」集

3選手が映画「スラッカーズ」出演

このたび、5月劇場公開予定の映画「スラッカーズ」 (株式会社スタジオブルー制作) に相模原クラブの部員が出演することになりましたので、お知らせいたします。

この映画は、かつては甲子園出場経験もありながら今は荒れてしまった高校が舞台。 ヤンキー高校生が野球を通じて成長をしていくというストーリーですが、 その過程で社会人野球チーム「エンカース」と対戦するシーンがあり、そのシーンで相模原クラブに 出演の打診があったものです。主役のヤンキー高校生を柄本時生さん、 20年前の甲子園出場時の主将で今は演歌歌手の役を風間トオルさん、 学校長をベンガルさんが演じます。

2月27日(金)に群馬県高崎市内で9時〜19時まで行われたロケは極寒の中での撮影となりましたが、 大道具・小道具のセット、待機時間、取り直し、役者さんの乱闘演技、思いがけないストーリー展開...と、 ふだんなかなか見られないものを見ることができました。当日は

福島裕樹部員 内野手役
音部豊史部員 捕手および先頭打者役
与野木剛部員 一塁塁審役

の配役で3名の部員が出演いたしました。

ロケ風景

エンカースの二人(音部・福島)

音部の捕手シーン


撮影の合間、談笑する一塁手役・福島と一塁塁審役・与野木

満塁ホームランに手を回す与野木

スタッフの説明を受ける福島

クラブからテレビ(ケーブルテレビ)・ラジオ(FM)の出演はこれまでにもありましたが、 映画出演はもちろん初めて。すべてが初めての経験で戸惑いもありましたが、貴重な経験となりました。

なお、エンドロールには上記3名の他、相模原クラブの名前および 協力者として越口誠・松本真吾・佐藤邦彦・山口陽三各部員の名前が掲載される予定です。


株式会社スタジオブルーのページ

さいきんのニュースのページ

相模原クラブのページ