相模原クラブ「さいきんのニュース」集

田山知幸部員が県大会首位打者を獲得


2009年3月26日〜28日まで行われた 平成21年JABA神奈川県大会 において、当クラブの田山知幸部員が首位打者を獲得いたしました。

今大会、チームは3月26日の東芝との1回戦、横浜球友クラブとの5位決定戦で 連敗を喫してしまいましたが、主将の田山部員は気を吐きました。 東芝戦で4打数3安打、横浜球友クラブ戦で4打数1安打と、トータル8打数4安打の.500の成績を記録。

決勝戦が行われた3月28日、運命のいたずらか、田山部員と明治大学の同期である 新日本石油ENEOS・宮澤健太郎選手にも首位打者の可能性がかかる状況となりましたが、 結果的には田山部員の.500の打率が抜かれることはありませんでした。

当クラブの個人表彰は2007年山梨県知事杯での監督賞・MVP・打撃賞の受賞以来。 強豪の企業チームが集う神奈川県内の大会でのクラブチーム選手の首位打者獲得は 非常にまれであり、すばらしい勲章を得たと、部員一同喜んでおります。

田山部員の今後の活躍にご期待ください。


閉会式風景。
新日本石油ENEOS(左)と三菱重工横浜(右)

受賞風景


本人コメント

「首位打者賞は本当に嬉しく思います。神奈川県は全国でもトップレベルであり、 その中での受賞はものすごく価値があります。
今回に限らず、企業が相手の時は何かしてやろうという気持ちで試合に臨んでいるので、 とても充実感があります。
このような経験をクラブ選手権で活かしていきたいと思います。」


さいきんのニュースのページ

相模原クラブのページ