相模原クラブ「つぶやき」集

潜入、61年会同期会

(相模原クラブ「2年生」)

2006年11月26日、町田駅そばの居酒屋に相模原クラブ9名が集結。 クラブ内の "61年会"(昭和61年生まれ同期による会) の同期会に、 干支がひとまわり違う、山口(陽三)が潜入してまいりました。

高卒2年目に当たるこの学年は、松坂世代ならぬ「涌井世代」。 高校時代に涌井投手(横浜高校-西武ライオンズ)とも投げ合った長谷部部員ら9名が所属。 1期で野球チームが組める、クラブ内最大勢力の学年です。ふだんも仲のよいこの同期も 全体での集会は初めてとのこと。伊勢遠征で話が浮上した同期会がこのたび実現しました。

メンバー紹介
深堀貴壱 昭和61年10月30日生まれ。厚木北高校出身。
平成17年、高校卒業とともに相模原クラブ入部。
投手。数少ない社会人。2年目の今季、オープン戦で初勝利。
長谷部貴大 昭和62年1月23日生まれ。百合丘高校出身。
平成17年、高校卒業とともに相模原クラブ入部。
投手。和光大学在学。入部初年度に公式戦勝利を挙げる。
辻和也 昭和61年12月19日生まれ。平塚工科高校出身。
平成17年、高校卒業後の春に相模原クラブ入部。
外野手。数少ない社会人。小柄ながら高校時代、長打力を誇る。
宮崎裕紀 昭和61年12月27日生まれ。八王子高校出身。
平成17年、高校卒業後の夏に相模原クラブ入部。
捕手。専門学校生として来春の就職を目指す。今回は多忙で欠席。
梅林昂平 昭和61年6月3日生まれ。百合丘高校出身。
平成17年、高校卒業後に長谷部に連れられて相模原クラブ入部。
内野手。日本大学在学。期待をかけられて出場も増えてきている。
菊池亨 昭和61年12月5日生まれ。厚木北高校出身。
平成18年、大学2年生になるとともに相模原クラブ入部。
内野手。神奈川大学在学。打撃を武器に6番に定着。
菊池優大 昭和61年9月26日生まれ。木造高校出身。
平成18年、1年の浪人後の大学入学とともに相模原クラブ入部。
外野手。帝京大学在学。意外と強い野球へのこだわり。
竹内皓也 昭和61年6月28日生まれ。長野高校出身。
平成18年、1年の浪人後の大学入学とともに相模原クラブ入部。
内野手。専修大学在学。まじめすぎるほどまじめ。
静かで落ち着きある。
田中裕介 昭和61年9月18日生まれ。仙台南高校出身。
平成18年、1年の浪人後の大学入学とともに相模原クラブ入部。
内野手。青山学院大学在学。今年11月、打撃を武器に急浮上。

幹事役の深堀部員の「来年はこの中から一人でも多くレギュラーが出るようにがんばりましょう」 との掛け声で開会。高校時代の対戦(厚木北高校VS百合丘高校)の思い出や神奈川大学リーグの話題、 チームメート諸先輩の話、各出身地方の話題、大学での生活、途中は学生らしくバカ話もはさんで楽しく時間は過ぎました。


「事故ってやばいよ」(長谷部、中央)

なぜかピッチャーで水を飲む菊池亨
左から長谷部,深堀,隠れて梅林,菊池亨,竹内

辻(右)も遅れて到着

田中・菊池優
(東北1浪組)

「島原さんのリードはさすがだと思いました」
と竹内

最後には各部員に今季を振り返ってと、来年に向けての抱負を語ってもらいました。

深堀 今年はあまり投げられなかったけれど来年はコンスタントに
投げられるようにしたい。
田中 守れるポジションを作りたい。内野でも外野でも。
菊池優 代打でヒットを打つ。代打一本勝負。
菊池亨 奇抜なファッションで(笑)ホームランいっぱい打ちます!
ベンチプレス200kg。練習に毎週出る。打順はもっと上を打ちたい。
打てるの1番でよくねぇ?
(雑談) 「1番、幸大さんがいるだろう」
「岩澤さんは...」
「田山さんという手もある」
「田山さん2番は?」
「メジャーは2番最強説もある」
「いや、3番最強説だろう」
(以後、打順の話)
梅林 自分もホームラン1本打ちたい。
(野球に行けるように)転職します! 伊勢も行けるように。
超奇抜なファッションでヒット打ちます。
長谷部 交通安全(祈!)。エースとります。
竹内 実力が無さ過ぎたので試合では使えない選手だったということが
悲しかった。だから、試合で使えるようになること、
使ってもいいと思える選手になりたい。

各部員の来季のさらなる活躍にご期待ください。
(山口陽三編)


相模原クラブ「つぶやき」集のページ

相模原クラブのページ