相模原クラブ「つぶやき」集

祝、東海大相模高校33年ぶり夏の甲子園出場


(カナロコより引用)

2010年7月30日。横浜スタジアムで行われた第92回全国高校野球選手権神奈川大会決勝戦で 東海大相模高校が勝利し、33年ぶりの夏の甲子園出場を決定いたしました。 当チーム所属のOB・在校生からのコメントを掲載いたします。

写真・氏名 上:コメント
下:紹介

(12期・岩永一志監督)
33年ぶりの壁が無事破れて、私自身もすっきりしています。
1977年、高校3年夏にショートのレギュラーとして前年夏に続いて甲子園出場。
それを最後に母校は夏の甲子園から33年間遠ざかる。

(31期・溝口揚三選手)
33年振り優勝おめでとうございます。 僕らの代から14年経ってるのかと思った時は 結構経ってるんだなぁと思いました!

僕らの代の時は門馬監督はコーチで夏の大会で 調子崩してた自分に最後までバッティングPをやって 頂いた事は今でも脳裏に浮かびます。 本当に感謝致しました。

門馬監督、田倉部長、選手
甲子園では春の悔しさをぶつけて優勝目指して がんばって下さい!

高校時、同期の森野将彦選手(現中日)らと関東大会出場
までの経験はあるが甲子園出場経験はなし。

(43期・河口弘舜選手)
33年の重たい重たい扉を開いたその力を持った今年のチームは素晴らしいと思います。
33年間溜め込んだパワーを甲子園で爆発してください。
現3年生の2学年先輩。高校3年夏、同期の大田泰示選手(現巨人)らと
決勝戦まで勝ち進むも甲子園に届かず。

(45期・安田侑平選手)
33年ぶりの甲子園おめでとうございます。
甲子園でも相模の強力打線でベストを尽くして頑張って下さい。
現役の高校3年生。野球部所属ではないが同級生が甲子園へ。


相模原クラブ「つぶやき」集のページ

相模原クラブのページ