小谷野栄一
(オリックスバファローズ)
※写真は球団のホームページより

プロフィール

氏名読み こやの・えいいち
生年月日 昭和55年10月10日
サイズ 177cm、83kg
投打 右投右打
出身地 東京都
経歴 創価高-創価大(H11〜H14)-日本ハムファイターズ(H15〜H26)-オリックスバファローズ(H27〜)
プロ入りはH14秋のドラフト5巡目
簡単紹介 攻守にセンスあるプレーを見せる万能型プレーヤーである。
大学1年秋からレギュラーをつかみ、以後7シーズンに渡って中軸を打つ 内野手として活躍。連盟内公式戦で通算打率.343、53打点の成績を残し、 ベストナイン4度、最多打点2度のタイトルを獲得。チームの6度の リーグ優勝に貢献した。全国の舞台でも、大学1年次(平成11年)に明治神宮大会での 青山学院大との伝説の死闘を経験。大学4年次(平成14年)の大学選手権では チームの7年ぶりのベスト8進出に貢献。準々決勝戦では試合には敗れたものの 早稲田大・和田投手から4打数4安打を記録。この活躍もあって 同年の日米大学野球選手権に選出され、第2戦からレギュラーの 二塁手としてプレーした。
大柄ではなく打率を残すタイプに見えるが、パンチ力も秘め 打率だけでなく長打・打点も期待できる打者。

  • 平成19年:主軸打者の不調時には4番打者も務めるなど、三塁のレギュラー選手に定着。
  • 平成21年:打率・本塁打・打点で自己最高の成績を残し、日本シリーズ敢闘賞も受賞。
    プロで芽が出ない時期に苦しんだ逸話とそこから這い上がったストーリーも紹介される。
  • 平成22年:パ・リーグで打点王・ゴールデングラブ賞を受賞。
  • 平成23年:パーソナルDVD「北の打点王・小谷野栄一 "KEEP MY STYLE"」が作成される。
  • 平成26年末:フリーエージェント宣言し、複数球団と交渉の末、オリックスバファローズに移籍
一歩ずつプロのトップ選手への階段を歩んでいる。
関連ページ KOYANO EIICHI OFFICIAL WEB SITE (ホームページ)
KOYANO EIICHI OFFICIAL BLOG (ブログ)


プロでの成績

シーズン チーム 試合 打数 安打 本塁打 打点 三振 四死球 盗塁 打率
平成15年 日本ハム 4 8 1 0 0 1 1 0 .125
平成16年 日本ハム 18 33 3 0 2 9 3 0 .091
平成17年 日本ハム 48 95 22 3 15 26 5 1 .232
平成18年 日本ハム 17 21 3 0 1 6 2 0 .143
平成19年 日本ハム 113 364 92 5 37 57 20 5 .253
平成20年 日本ハム 120 379 95 6 60 83 31 0 .251
平成21年 日本ハム 138 530 157 11 82 95 33 7 .296
平成22年 日本ハム 144 569 177 16 109 87 32 8 .311
平成23年 日本ハム 129 473 112 5 47 90 39 1 .237
平成24年 日本ハム 134 478 109 3 39 72 31 6 .228
平成25年 日本ハム 139 512 141 3 46 77 29 2 .275
平成26年 日本ハム 84 243 72 4 29 40 26 0 .296
平成27年 オリックス 56 183 54 4 22 22 17 0 .295
平成28年 オリックス 50 177 44 4 13 30 4 1 .249
平成29年 オリックス 130 470 130 6 47 60 31 0 .277
1324 4535 1212 70 549 755 304 31 .267


連盟出身のプロ野球選手一覧のページ

東京新大学野球連盟のページ