栗山英樹
(現北海道日本ハムファイターズ)

プロフィール

氏名読み くりやま・ひでき
生年月日 昭和36年4月26日
サイズ 176cm、74kg
投打 右投両打
出身地 東京都
経歴 創価高-東京学芸大(S55〜S58)-ヤクルトスワローズ(S59〜H2)
プロ入りはS58秋のドラフト外
北海道日本ハムファイターズ(H24〜)
簡単紹介 当連盟所属大学の卒業生として初のプロ野球選手。当連盟においては投手として25勝8敗、 打者として通算打率.389(歴代3位)の記録を残し、昭和57年春に記録した シーズン20打点は、最多打点の連盟記録として今なお残る。

教職免許を持ったプロ野球選手としても珍しがられたが、プロでは 小柄ながら守備では内外野をこなし、打撃ではスイッチヒッターとして 活躍するなど器用なところを見せた。平成1年にはゴールデングラブ賞を獲得。 平成2年の開幕戦となった読売ジャイアンツとの一戦では、大物ルーキー・大森剛の左中間に抜ける 初安打かという当たりをダイビングキャッチ。大森に「栗山という名前は 一生忘れない」と言わせたが、同年暮、かねてより患っていたメニエル病による 体調不良で惜しまれながら現役引退した。

現役引退後はスポーツキャスター、野球解説者、東京学芸大講師、 白鴎大助教授等、多方面で活躍。情熱のある取材姿勢、 幅広い人脈、卓越した知識等が評価され、平成23年暮にはプロ指導歴なしとして異例、 北海道日本ハムファイターズの監督に就任し、1年目でパ・リーグ優勝を成し遂げた。

関連ページ 栗の樹ファーム


プロでの成績

シーズン チーム 試合 打数 安打 本塁打 打点 三振 四死球 盗塁 打率
昭和59年 ヤクルト 2 1 0 0 0 0 0 0 .000
昭和60年 ヤクルト 29 18 5 0 1 1 0 1 .278
昭和61年 ヤクルト 107 239 72 4 14 26 10 8 .301
昭和62年 ヤクルト 72 92 18 0 5 7 4 0 .196
昭和63年 ヤクルト 90 338 112 0 17 33 12 7 .331
平成1年 ヤクルト 125 420 107 2 26 34 23 4 .255
平成2年 ヤクルト 69 96 22 1 4 7 3 3 .229
494 1204 336 7 67 108 52 23 .279

シーズン チーム 順位 勝率 備考
平成24年 日本ハム パ・リーグ1位 74 59 11 .556 クライマックスシリーズを制して日本シリーズ進出
日本シリーズ2勝4敗で敗退
平成25年 日本ハム パ・リーグ6位 64 78 2 .451
平成26年 日本ハム パ・リーグ3位 73 68 3 .518 クライマックスシリーズファイナルステージ敗退
平成27年 日本ハム パ・リーグ2位 79 62 2 .560 クライマックスシリーズファイナルステージ敗退
平成28年 日本ハム パ・リーグ1位 87 53 3 .621 クライマックスシリーズを制して日本シリーズ進出
日本シリーズ4勝2敗で日本一
平成29年 日本ハム パ・リーグ5位 60 83 0 .420
437 403 21 .520


連盟出身のプロ野球選手一覧のページ

東京新大学野球連盟のページ