大塚豊
(北海道日本ハムファイターズ)
※写真は球団のホームページより

プロフィール

氏名読み おおつか・ゆたか
生年月日 昭和62年12月20日
サイズ 182cm、83kg
投打 右投右打
出身地 東京都
経歴 創価高-創価大(H18〜H21)-北海道日本ハムファイターズ(H22〜)
プロ入りはH21秋のドラフト2位
簡単紹介 大学入学とともに華々しくデビュー。4年8シーズンを 数々の記録とともに欠かすことなく走り抜けた。

  • 1年次(平成18年)、最優秀新人
  • 1年春(平成18年)、最優秀投手
  • 2年春(平成19年)、最高殊勲選手
  • 3年春(平成20年)、最高殊勲選手・ベストナイン
  • 3年秋(平成20年)、最優秀投手・ベストナイン
  • 4年春(平成21年)、最高殊勲選手・ベストナイン
  • 4年秋(平成21年)、最高殊勲選手・最優秀投手・ベストナイン
  • 連盟通算41勝1敗(卒業時、勝利数連盟記録)
  • 連盟内リーグ戦23連勝(卒業時、連盟記録)
  • 大学選手権大会特別賞を受賞(平成21年)

コントロールと球のキレが持ち味。特に四死球の少なさは群を抜き、 大学4年次の大学選手権では4試合に登板して四死球0を記録した。 敗戦の少なさも傑出しており、8シーズンで41勝をあげる一方で 敗戦は2年秋に流通経済大に喫した1敗だけ。ピンチに動じない落ち着いたマウンドさばきも 特徴であり、連投でのリリーフ登板も着実にこなした。

上位大会でも通算9勝3敗1Sで、4年間で3度の大学選手権ベスト4に貢献。 先出の大学4年次の選手権では連覇を狙った東都リーグ代表校・東洋大に完投勝利。 連盟としても東都リーグ代表校に初めて勝利した試合となった。

球種は「カウントを取る」「空振りを取る」等、数種類のフォークを操り、 奪三振も多い。

プロ5年目となる平成26年、プロ入り初勝利をあげた。


プロでの成績

シーズン チーム 試合 S 投球回数 打者 安打 三振 四死球 失点 自責点 防御率
平成22年 日本ハム 1軍出場なし
平成23年 日本ハム 3 0 1 0 7 1/3 42 16 5 3 7 7 8.59
平成24年 日本ハム 1軍出場なし
平成25年 日本ハム 8 0 0 0 9 2/3 42 11 5 4 5 5 4.66
平成26年 日本ハム 14 1 0 0 20 91 18 9 15 11 11 4.95
平成27年 日本ハム 2 0 0 0 3 13 1 1 3 1 1 3.00
平成28年 日本ハム 1軍出場なし
27 1 1 0 40 188 46 20 25 24 24 5.40


連盟出身のプロ野球選手一覧のページ

東京新大学野球連盟のページ