田中正義
(福岡ソフトバンクホークス)
※写真は球団のホームページより

プロフィール

氏名読み たなか・せいぎ
生年月日 平成6年7月19日
サイズ 186cm、90kg
投打 右投右打
出身地 神奈川県
経歴 創価高-創価大(H25〜H28)-福岡ソフトバンクホークス(H29〜)
プロ入りはH28秋のドラフト1位
簡単紹介 大学史上、リーグ史上、最高と言ってもいい逸材。ドラフト指名がかかる大学4年時は 大騒ぎとなった。

一躍有名となったのは大学2年次、平成26年の大学野球選手権。150km/hを超える剛速球を 武器に、1回戦の佛教大戦で完封勝利、2回戦では途中登板で強豪・亜細亜大を黙らせて チームを勝利に導くなど、1大会3勝を挙げてチームのベスト4進出に貢献した。 3年次の大学日本代表の壮行試合では若手のプロ野球選抜チームから7者連続三振を奪う圧巻の投球を披露。 4年生を迎える春には「プロ野球全12球団からのドラフト1位指名もあるのではないか」 とまで騒がれた。結局は大学4年春の途中離脱(チームも優勝を逃す)があってそこまでの 高評価とはならなかったものの5球団からのドラフト1位指名を受けた。 大学時代の全国経験は結局大学2年の春秋のベスト4が最高で3・4年次は神宮に届かなかった。 故障もあって実働4シーズン半、通算成績は20勝1敗の防御率0.71。 大学3年の平成27年秋には無安打無得点試合達成に加え、シーズン防御率0.00の連盟記録も樹立した。

ドラフト会議前には創価高・創価大と計7年間でエースの座を争ってきた池田隆英投手 とのライバル同士のストーリーもテレビ番組で紹介された。投手としてのみならず人間的な大人らしさ、 意識の高さ、栄養に対する知識の高さなども垣間見られるものであった。


プロでの成績

シーズン チーム 試合 S 投球回数 打者 安打 三振 四死球 失点 自責点 防御率
平成29年 ソフトバンク 1軍出場なし


連盟出身のプロ野球選手一覧のページ

東京新大学野球連盟のページ