東京新大学野球連盟2・3部リーグ戦運営に関する規定

平成12年、それまで暗黙の了解、もしくはうやむやな部分も含みながら 運営されていた2・3部のリーグ戦についてのルールが整備されました。


1. 日程編成

 日程は次の要領で編成する。
日にち 第1試合 第2試合
第1週土曜日 1位校-5位校 3位校-6位校
第1週日曜日 5位校-2位校 6位校-4位校
第2週土曜日 2位校-3位校 1位校-4位校
第2週日曜日 6位校-1位校 3位校-5位校
第3週土曜日 4位校-2位校 1位校-3位校
第3週日曜日 4位校-5位校 2位校-6位校
第4週土曜日 3位校-4位校 5位校-6位校
第4週日曜日 6位校-3位校 1位校-2位校
第5週土曜日 4位校-6位校 5位校-1位校
第5週日曜日 5位校-3位校 2位校-4位校
第6週土曜日 1位校-6位校 2位校-5位校
第6週日曜日 3位校-2位校 4位校-1位校
第7週土曜日 5位校-4位校 6位校-2位校
第7週日曜日 3位校-1位校 6位校-5位校
第8週土曜日 2位校-1位校 4位校-3位校
第8週日曜日 予備日
第9週土曜日 プレーオフ
第9週日曜日 プレーオフ


2. リーグ戦の運営

 各試合の運営は次の要領で行う。


3. 順位の決定

 順位は次の要領で決定する。


4. 個人タイトル

 リーグ戦終了後に次の個人タイトルを選出する。成績の集計は当番校が担当し、 最高殊勲選手と最優秀投手の選出は6チームの主務の話し合いによって行う。  なお、規定打席数・規定投球回数ともに、チーム試合数(通常は10試合)に 2.8を乗じたものから、チームのコールド勝利数を減じた値をもってこれにあてる。


5. プレーオフの実施要領

 プレーオフは全試合が終了したあと、原則として第9週に行う。 しかし雨天等の影響で第9週までにリーグ戦が消化しきれない場合は この限りでない。

 審判は連盟から公式審判員4名を派遣してもらうよう要請する。 公式記録と審判の弁当についてはリーグ戦の運営と同様に行うが、 場合によっては当番校が務める。

 プレーオフでの成績は、リーグ戦の個人成績に含めない。ただし、 最高殊勲選手・ベストナイン等の選考がある場合に、プレーオフでの成績を 選考の材料として使用してもよい。


5-1 2チームが並んだ場合(直接対決1試合)

 1位に並んだ2チームのうち、前季順位の高い方をA、他方をB、6位に 並んだ2チームのうち、前季順位の高い方をY、他方をZとすると、 次の要領でプレーオフを行う。
日にち 第1試合 第2試合
第9週土曜日 A-B Y-Z


5-2 3チームが並んだ場合(変則トーナメント形式)

 1位に並んだ3チームのうち、前季順位の最も高いチームをA、2番目の チームをB、3番目のチームをCとし、6位に並んだ3チームのうち、 前季順位の最も高いチームをX、2番目のチームをY、3番目のチームをZ とすると、次の要領でプレーオフを行う。
日にち 第1試合 第2試合
第9週土曜日 B-C X-Y
第9週日曜日 A-(B-Cの勝者) (X-Yの敗者)-Z


5-3 4チームが並んだ場合(順位考慮の普通トーナメント形式)

 並んだ4チームのうち、前季順位の最も高いチームをA、2番目のチームをB、 3番目のチームをC、4番目のチームをDとすると、次の要領でプレーオフを行う。
日にち 第1試合 第2試合
第9週土曜日 A-D B-C
第9週日曜日 (A-Dの勝者)-(B-Cの勝者) (A-Dの敗者)-(B-Cの敗者)