平成10年 全国大学野球選手権
(東京新大学野球連盟代表)

代表校:流通経済大


平成10年6月14日 神宮球場 1回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松阪大(東海地区) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流通経済大(東京新大学) 0 0 0 0 0 2 2 0 × 4

流通経大は六回二死二、三塁から四番で捕手の大崎が中前へ先制の2点適時打。 守っても松下を好リードし、4安打完封に結びつけた。降りしきる雨で二度も 試合が中断した試合。「相手も変化球は投げにくいと思って、真っすぐを狙い打った。 我慢強く投げた松下のためにも打ててよかった」。
(記事は朝日新聞より)


平成10年6月17日 神宮球場 2回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
流通経済大(東京新大学) 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
亜細亜大(東都) 0 0 0 0 1 1 0 0 × 2

亜細亜大・佐藤と流通経済大・沖野の瀬戸内高校の先輩・後輩の投げあいで 始まった試合、3回までは両投手とも相手打線を9人で抑える好投。 4回、流通経済大が2死2塁からの大崎の適時打で先制。対する亜細亜大は 直後の4回裏の1死3塁の好機は逃したが5回に佐々木の適時2塁打で 同点として沖野をKO。続く危機はリリーフで出てきたエース・加藤が抑えたが 6回に亜細亜大は赤星の四球・盗塁、そして犠打で作った1死3塁の好機に 松本の内野ゴロで赤星が快足を生かして生還。赤星が取ったこの1点を佐藤が直球主体の 投球で守り切った。
(記事は本ホームページ作成者・山口による)


[1部リーグ戦] [2部リーグ戦] [3部リーグ戦] [4部リーグ戦]
[入れ替え戦] [大学選手権]


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ