平成17年 東京新大学野球連盟秋季入れ替え戦



平成17年11月19日 県営大宮球場 1・2部入れ替え戦第1戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
共栄大(2部1位) 2 0 0 0 0 0 0 0 1 3
東京国際大(1部6位) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

(この試合の記事は東京理科大学卒業生・藤島由幸氏によるものです)

埼玉県営の球場にて行われた、埼玉にメインキャンパスを置く大学 同士の入れ替え戦。その第1戦は、大方の予想を覆して共栄大が先 勝した。

国際大は左腕の吉元をマウンドへ送るが、初回に2死2塁とされ四 番・木村から左中間を深々と破る適時3塁打を打たれてしまう。さ らにその後、斉木のセンターへ放った飛球が強風にあおられて野手 の間にポトリと落ち(記録は2塁打)、2点を先制される。一方の 共栄大・島田も苦しい立ち上がり。ヒットと四球などで一死満塁と なり、倉浪には追い込んだ後に死球を与えて押し出し。しかし、尚 も続くピンチは粘られながらも二者連続三振で切り抜けた。 2回以降は両先発投手が落ち着きを取り戻す。島田はヒットや味方 のエラーなどで何度も先頭打者を出塁させてしまうが、決して連打 を許さない。横に大きく曲がるスライダーと威力充分の直球とで、 相手打者を力でねじ伏せる投球を披露した。対して吉元は、抜群の コントロールを武器にコースを丁寧に突き、打たせて取るピッチン グに徹する。バックもこれにノーエラーで応えた。5回に2死満塁 のピンチを招き再び木村を打席に迎えるが、何とかここは切り抜け た。 膠着状態が続いたが、9回表にようやく試合が動く。共栄大がヒッ ト2本で1死1・3塁とし、根本がダメ押しとなる犠飛を放った。 結局、このまま共栄大がリードを守り切り接戦を制した。

共栄大・島田の我慢の投球が実った勝利であると言える。2部のレ ギュラーシーズンでは変化球の制球が定まらない傾向が見られたが 、大切な試合を前にしっかりと調整してきたようだ。スライダーで ストライクを取れたのが大きく、またランナーを背負うケースでも 冷静に相手の機動力を警戒できていた。対する国際大だが、試合中 のベンチやスタンドの雰囲気から察すると、悪い意味での余裕・楽 観というものがあったのではないだろうか。しかしながら、気持ち を入れ直した1部の伝統校がそう簡単に敗れるとは思えない。第2 戦以降が本当の勝負となる。

平成17年11月20日 県営大宮球場 1・2部入れ替え戦第2戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京国際大(1部6位) 0 0 1 0 0 0 3 0 0 4
共栄大(2部1位) 1 0 1 0 1 0 0 0 0 3

(この試合の記事は匿名者によるものです)

東京国際大(以下東国)・中川、共栄大(以下共栄)・原田の先発で試合開 始。1回裏、共栄は二死から連続四球の後、5番増田の左前安打で1点を先制。 3回表、東国は一死一・二塁から3番倉上の右前安打で同点に追いつくも、その 裏共栄は併殺崩れの間に再び勝ち越し。さらに5回裏には暴投で追加点を挙げ2 点をリードした。

4・5・6回と得点圏に走者を進めながらもチャンスをつぶし、嫌な雰囲気が 漂い始めようかという7回表、東国は6回途中から登板の2番手・熊ヶ谷を攻 め、二死一・二塁から5番小澤が左中間へのタイムリー二塁打で1点。続く三ゴ ロ失策で同点に追いつくと、さらに一・三塁から7番太田の中前安打でついに逆 転に成功した。

8回までわずか2安打の共栄は土壇場の9回裏、先頭の8番川上が左前安打。 しかし、二塁を欲張りタッチアウト。「なぜ無理をする…」、私は思わずつぶや いた。たしかに無死二塁なら大きなチャンスとなるが、無死一塁でも十分相手に プレッシャーをかけられたはずなんだが…。それでも共栄は、その後二死二・三 塁の一打逆転サヨナラのチャンスを作ったが、最後の打者は左飛に倒れ試合終 了。東国が4−3で共栄を下し、1勝1敗のタイに持ち込んだ。

東国は11安打と圧倒的に押しまくりながらも拙攻の連続で、それが試合をもつ れさせる要因となってしまった。そんななかで、先発の1年生左腕・中川が7四 死球を与えながらも共栄打線を4安打に封じ込んでの完投勝利を挙げ、ひとまず チームを救った。それにしても、出場選手が1・2年生のみというのはどういう 事情だったんだろうか。一方の共栄はこの試合で7犠打を記録。3バント失敗は 1度だけという成功率の高さをみせた。二部での試合を見ていないのでなんとも 言えないが、こういう手堅い野球をやってくるというのは正直意外だった。

平成17年11月21日 県営大宮球場 1・2部入れ替え戦第3戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
共栄大(2部1位) 0 0 0 0 1 0 3 0 0 4
東京国際大(1部6位) 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3

投手戦の様相の序盤、片方に大きく傾いた中盤、勝負あったと思われたところから大逆転を 予感させた終盤。大一番は純粋に野球の試合としてもおもしろい試合となった。

両チームとも相手先発の立ち上がりに好機をつかむ。共栄大は初回2死から四死球で1.3塁の好機をつかむも増田が三振で逸機。 東京国際大はいきなり先頭・神田が左中間二塁打で出塁するも後続が3塁に進めることもできず逸機。 以後両投手はすばらしい投球。東京国際大・吉元は両コーナーへの変化球がよく4回まで毎回の6奪三振、 共栄大・島田は大きなスライダーと釣り球の直球を生かして4回まで毎回の7奪三振。 共栄大は4回にようやく初安打が生まれる展開、東京国際大は3回2死2塁で倉上に右前打が生まれるも 相手守備に阻まれて2走が本塁憤死。 早くも1点で勝負が決着する様相を呈してきた。先制したのは共栄大。5回に3安打で2死満塁の 好機をつかむと九鬼の適時内野安打で1点を先制。東京国際大は6回に御園が島田を強襲する 内野安打を放ち倉上も安打で続いて1死1.2塁と反撃を試みるも島田のリズムは崩せず 中軸の甲原・小澤が凡退。そして7回、共栄大が突き放した。連続失策などから1死満塁の 好機をもらい、木村の中前適時打、増田の押し出し四球で吉元をKO。代わった中川からも 北が一二塁間に適時打を放ちこの回で4−0とした。東京国際大は7・8回の攻撃も 盛り上がることなく終え、敗色濃厚で9回を迎えたがここで最後の反撃。甲原、代打倉浪、 太田が3連打を放って無死満塁。武藤の押し出し四球で1点。代打金子の遊ゴロ(遊撃・根本好プレー)で1点。 松沼の左中間二塁打でさらに1点返して1死2.3塁。依然ビハインドながらも一打逆転サヨナラの 絶好機を迎えた。ここで共栄大は1番・神田を敬遠気味の四球で歩かせて満塁。 当たっている倉上を視野に入れながらも神田および2.3塁のケースを嫌った。 2番・御園の遊ゴロ(本封)で2死。3番・倉上にはカウント2−3までいったが最後は島田渾身の 低めいっぱいの直球を倉上が見逃し、判定はストライクに。最後に訪れたギリギリの状況、 どちらに転んでもおかしくない展開、しかし迎えた結果は天と地ほど違うものだった。

共栄大は加盟5季目での1部昇格。創価大・流通経済大等の加盟間もなくの1部昇格は あったものの4部制が施行されてからでは最速の1部昇格となった。2季連続の1部挑戦となった 今季はリーグ戦の戦いぶりなどから昨季よりも可能性が低いかと思われたが、 そんな前評判を覆した。リーグ戦で調子が上がらずも入れ替え戦でしっかりと自分の投球を したエース・島田の活躍が大きい。登板した2試合とも淡々と自分のペースを守って投げ続け、 崩れることがなかった。第3戦9回の場面では昇格へのプレッシャーからか連打を浴びて コントロールも乱しかけたがベンチもすべてを島田に託し、島田もそれに応え、157球を投げ切った。 対する東京国際大は出場した個々の選手のがんばりはまったく否定しないが、全体的に戦力不足の印象。 まとまりも欠いた感が垣間見えた。リーグ戦まで帯同していたはずの4年生がまとめて 入れ替え戦に帯同していないのも戦力面では痛かった。その中でも9回にほぼ全員が中堅から 反対方向に打ち返しての猛攻は見事で、1部校の意地は見せた。惜しむらくはもう少し早く 同じ打撃ができれば、ということもあるが、いずれにしても早期の1部復帰に向けて 走り出してほしい。


平成17年11月19日 県営大宮球場 2・3部入れ替え戦第1戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
首都大東京(3部1位) 0 0 0 2 0 0 0 0 2 4
東京理科大(2部6位) 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

終盤まで投手戦となった試合を、首都大東京が制した。

首都大東京は2回表、失策・四球から1死満塁の好機を迎えるも連続三振で逸機。 それでも4回表、久保田の安打が敵失を誘い先制し、野田の安打で広げた 1死1.3塁の好機に桑原の併殺崩れで2点目。2点を先制した。 反撃したい東京理科大は5回裏、失策と四球で1死1.2塁とするも天野・新井が凡退。 6回表〜8回表を東京理科大・中江が相手打線を3人ずつで抑えるも打線の援護が得られない。 迎えた8回裏、東京理科大が2死2塁とすると首都大東京は片山から大滝にスイッチ。 打席に最も期待できる石川を迎えたが初球を二ゴロに終わり無失点。

長く続く膠着を破ったのは9回表。首都大東京は1死2.3塁の好機をつかむと 桑原の2点適時打で貴重な追加点。東京理科大も9回裏に秋山の適時打で1点返すも及ばなかった。

東京理科大は中江が完投したものの4失策を記録。打線も散発3安打でつながらなかった。
(山口陽三筆。試合を観戦しておらず、寄せられたスコアブックのコピーだけから執筆)

平成17年11月20日 県営大宮球場 2・3部入れ替え戦第2戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京理科大(2部6位) 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
首都大東京(3部1位) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

双方とも閉塞感漂う展開は、東京理科大が虎の子の1点を守り切った。

首都大東京・大滝、東京理科大・石川は対照的な立ち上がり。大滝が初回から2死2塁、 1死2塁、2死1.3塁と得点圏に走者を背負うもののなんとか無失点。対照的に石川は 3イニングを9人で片づけた。試合が動いたのは4回。東京理科大は4回表、1死2塁から 芝田の適時打で1点を先制。首都大東京もその裏すぐに先頭の掛田が安打で出塁するも 菊池のバントが併殺となり逸機。首都大東京は5回2死1.3塁、6回1死1.2塁と 好機をつかむものの続けて逸機。東京理科大もこれにあわせるように6・7回の2死満塁の 好機を続けて逸機。双方失策の応酬で相手に好機を与えるものの攻撃側もミスの応酬で 得点に結びつけられない、閉塞感漂う展開。結局は石川・大滝の投球にすべてがゆだねられる展開となり、 この投げ合いに石川が勝った。相手打線を4安打3四球に抑える安定した投球で9回を 117球で片づけた。9回1失点完投も8回まで毎回得点圏に走者を背負い、 154球を費やした大滝に投げ勝った。

首都大東京は大滝が全盛時ほどの投球でないながら苦心して相手打線を抑えたものの 自軍の打線が牽制刺1度、バントで送れなかったケースが3度で相次ぐ逸機。 3部では打ち続けた打線がこの試合ではつながらなかった。一方の東京理科大も 9回以外は毎回好機をもらって得点圏に走者を進めながら得点は下位・芝田の適時打による1点だけ。 両チームとも攻撃がこの調子であるならばより一層、投手を含めた守備陣のミスを 少なく抑えることが、第3戦のポイントになりそうである。

平成17年11月21日 県営大宮球場 2・3部入れ替え戦第3戦
1 2 3 4 5 6 7 8
首都大東京(3部1位) 0 0 0 0 0 0 0 0 0
東京理科大(2部6位) 1 0 0 0 0 3 0
(8回コールド)

1勝1敗で迎えた第3戦は地力に勝る上位校・東京理科大が勝利した。

首都大東京は初回2死から四球と芝田の2塁打で2死2.3塁の好機をつかむも久保田が三振で逸機。 それに対して東京理科大は初回2死から3塁打の石川を大木の適時内野安打で還し1点を先制。 以後首都大東京は走者を出しながらこの日もなかなか先に進めることができず、また、 東京理科大は好機をつかみながら2・3回と続けて併殺でつぶし、前日の閉塞感をそのまま ひきずるような展開。膠着感が動いたのは6回裏。東京理科大は2死2塁から石井の右前適時打で 貴重な追加点。続く芝田の中堅安打で首都大東京先発・片山を降ろすと、代わった大滝から 田ノ上・天野が連続適時打。緊張感が取れた東京理科大打線からおもしろいように安打が出た。 5・6回と中江の前に3人で抑えられていた首都大東京は7回に先頭の久保田が2塁打で 出塁も2塁塁上の接触プレーで負傷退場。続く野田の遊ゴロで3塁を狙った代走・坪井が 刺されて併殺に終わるなどなかなか得点に至らない。8回裏、東京理科大は相手3番手・ 宮地の3連続四球につけこんで竹俣の左前適時打で追加点。2死までなるも森田の一二塁間へのゴロが、 二塁手・菊池の悪送球を誘い、2者が生還してサヨナラコールドとなった。

東京理科大は第1・2戦と得点が思うように取れずに苦しんだが第3戦は6回に5安打を 集中するなど11安打7得点。第1戦で味方の援護なく敗戦投手となったエース・中江も この日は1点もやらない気持ちが見える投球を繰り広げ、実際に点を取るのは難しいだろうと 思わせる内容だった。平成6年春以降2部で戦い続けながら優勝のなかった東京理科大が、 ようやく優勝を成し遂げた昨秋。その原動力となった中江が今日、学生野球最後の投球でチームの 最終ラインを守った。対する首都大東京は3試合を通じて自力で取った得点はわずか。 3部リーグ戦で大量得点を重ねた打線の力を発揮できなかった。なにより送りバントが ことごとく決まらないうえに走塁ミスも重ね、攻撃の精度としては物足りなさを感じた。

共栄大の昇格と東京理科大の残留、短期的な2部のレベルアップをも感じさせる入れ替え戦であった。


平成17年11月19日 県営大宮球場 3・4部入れ替え戦第1戦
1 2 3 4 5 6 7 8
東京外国語大(4部1位) 1 0 0 1 0 0 4 5 11
東京電機大(3部6位) 0 0 0 0 0 3 0 0 3
(8回コールド)

(この試合の記事は東京理科大学卒業生・藤島由幸氏によるものです)

晩秋の日は短く、第3試合は必然的にナイトゲームとなる。照明に 灯がともった中で行われた試合は投手戦を予感させる立ち上がりか ら一転、中盤以降に大きく流れが変わる展開となった。

外語大は初回、ヒットで作ったチャンスから内野ゴロで1点を先制 する。先発した真塩も好投し、相手打線を5回まで無得点(被安打 2)に抑える。4回に安藤の適時打で追加点を挙げると、6回裏か らはDHに入っていた佐竹がマウンドへ上がる。しかし、この継投 策が裏目に出てしまう。代わった直後の佐竹は制球が定まらず、い きなり無死満塁のピンチを招く。野手もこれでリズムを崩し、2つ のエラーが出て一気に逆転を許す。そしてこの直後の7回表。ここ まで粘投を続けてきた電機大先発・春谷だが、球数が100球を超 えたあたりから踏ん張りが利かなくなってしまう。2死を取ったあ たりから制球に苦しみ始め、四死球で走者を溜めた後に出口・伊勢 田からそれぞれ2点適時打を浴び再逆転を許してしまった。この後 、一方的な展開となり、外語大が8回コールドで1勝目を挙げた。

電機大は選手一人ひとり(特に内野手)の潜在能力の高さが垣間見 られたものの、走塁面において意識の低さが露呈してしまい合計で 9つの盗塁を許す形となった。対する外語大は攻撃で盗塁・エンド ランをからめるだけでなく、守備においても相手の機動力を封じよ うとする意識の高さが見られた。例えば、先発した真塩はセットポ ジションでの投球モーションが非常に小さく牽制も巧かった。とて も4部のチームとは思えない、質の高い野球を実践していた外語大 。当連盟の課題とも言える「下部リーグの野球技術と意識の向上」 を実感させてくれる頼もしい試合運びであった。

平成17年11月20日 県営大宮球場 3・4部入れ替え戦第2戦
1 2 3 4 5 6 7
東京電機大(3部6位) 1 0 0 2 0 0 3 6
東京外国語大(4部1位) 3 0 0 7 2 2 × 14
(7回コールド)

東京外国語大が相手にも助けられ、念願の3部昇格を果たした。

東京電機大は初回、四球で出た走者を敵失で還して無安打で先制。しかし東京外国語大も すぐにその裏、東京電機大先発・関根の制球難を攻めて1死満塁から安藤の押し出し四球と 大滝の適時打等で3点を取って逆転。4回表には東京電機大が近藤の適時3塁打と暴投で 同点としたが、その裏東京外国語大が一気に勝負を決着させた。連続四球等から1死満塁として 伊尾木の適時打、暴投、伊勢田のスクイズで3点を勝ち越し。さらに遊ゴロ失、大滝3塁打、 遊ゴロ失、中直失、出口内野安打と、相手ミスもあって大量得点に結びついた。 5・6回も相手2番手・根岸を攻めて敵失をもとに着実に加点。東京電機大は7回になって 4連打で3点を還したもののまったくもって時すでに遅し。守備陣の崩壊に加え、 3回までに6四球をもらいながら1点にとどまった攻撃ものちのち響いた。

東京外国語大は多分に相手の守備の弱さに助けられた部分も多く、また、投手陣も先発した 真塩は5回8四球、2番手・佐竹は最後に4連打を浴びるなど、強さを見せつけたと 言えるほどでもなかった。ただし過去2季の無念を考えれば今回のような入れ替え戦が あってもよかったとも思え、相手はどうあれ結果が大事な入れ替え戦でしっかりと結果を出したことに 一定の評価は与えられる。昨季無念のサヨナラ押し出し四球で昇格を逃したマウンドに立っていた 真塩が今回曲がりなりにも2戦に先発して最低限の役割を果たしたこと、エース格の佐竹が 昇格決定のマウンドに立っていたことも感慨深い。より一層の努力で3部での活躍を期待する。 対する東京電機大は、今季の3部最下位は不遇な要素も含むかと思えたが入れ替え戦については 攻守に元気なく、4部校に対して完全なる力不足を露呈した。不安視された守備陣がこの試合では7失策を記録。 頼みの関根も持ちこたえられなかった。


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ