平成20年 東京新大学野球連盟秋季入れ替え戦

[1部リーグ戦] [2部リーグ戦] [3部リーグ戦] [4部リーグ戦]
[入れ替え戦] [明治神宮大会および予選]


平成20年11月1日 越谷市民球場 1・2部入れ替え戦第1戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
杏林大(2部1位) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
高千穂大(1部6位) 1 0 1 0 0 0 0 0 × 2

平成20年11月2日 県営大宮球場 1・2部入れ替え戦第2戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
高千穂大(1部6位) 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2
杏林大(2部1位) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

熱のこもった互角の投手戦は、やや地力に勝った高千穂大に軍配が上がった。

杏林大・野村、高千穂大・戸田、ともに先頭打者を出しながら初回をなんとか無失点に抑える立ち上がり。 先制したのは高千穂大。3回表、安打で出た西貝を盗塁・バントで進めて森村の犠飛で1点を先制した。 その後は野村・戸田の投手戦。戸田は厳しいコースを突いて危なげなく、創価大を完封した実績も うなずける内容。野村はやや高千穂大に押され気味ながらも、4回自身のクイックピッチのボークによる 2死2塁は三振、5回2死1.2塁は4番・山崎将を中飛、6回連打の無死1.2塁は バスター失敗と投ゴロ併殺、8回1死2塁は代打佐藤、大野を抑え、必死に味方の反撃を待つ。

追いつきたい杏林大は5回2死1.2塁は前の打席で安打した鈴木大が一ゴロ。 7回2死2塁は小俣が右飛と生かせなかったが、8回に最大の好機。先頭・谷口が 粘って四球、鈴木大が送って1死2塁とした。しかし代打梅原が投ゴロ、すべての期待を一身に受けた 4番・藤野は2−3から三振と、好機を生かせない。直後の9回表2死2塁から 高千穂大は西貝が前身守備の中堅頭上を越す3塁打を放ち決定的な追加点をあげた。

戸田は4安打3四死球8奪三振。守備妨害と拙守による安打も含まれ、投球内容としては 完璧に近かった。対する野村も9安打を浴びながら必死に力投を続けた。 守っても杏林大は無失策。双方の登板した3投手はいずれもよく、守備もがんばった。 この一戦に賭けているという熱い気持ちのぶつかり合いも見ている者に十分に伝わった。 両者の差はわずか。8回裏2死2塁、杏林大4番、4年生の藤野がカウント2−3から三振に 終わったのに対し9回表2死2塁、高千穂大1番、4年生の西貝がカウント2−3から 3塁打を放つ。双方で長くレギュラーとして活躍してきた両選手の打撃結果が、 両チームの現状、両チームのわずかな差を表していると見るのは言い過ぎか。いずれにしても今日ここに これだけ熱い戦いを演じた両者にささやかな拍手を送りたい。また、両チームに2人いる 4年生を除けば来年以降もシーズンは続く。両校ナインには「11月の越谷決戦」を 忘れることなく、関東No.1となった連盟のさらなるレベルアップのために、 存分に力を伸ばしてもらいたい。関東No.1の創価大から勝利をあげたチームが入れ替え戦にまわる現状、 この位置も無関係ではない。


平成20年11月1日 越谷市民球場 2・3部入れ替え戦第1戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
首都大東京(3部1位) 0 0 0 2 4 0 0 0 0 6
日大生物(2部6位) 0 0 2 0 0 0 0 1 0 3

平成20年11月2日 越谷市民球場 2・3部入れ替え戦第2戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日大生物(2部6位) 2 1 0 3 2 0 0 0 0 8
首都大東京(3部1位) 2 1 0 1 0 2 0 0 0 6

今季リーグ戦全敗、入れ替え戦の初戦も落とした、がけっぷちの日大生物が辛勝した。

試合は序盤からノーガードの打ち合い・走り合い状態。初回に日大生物が神崎・杉本の 適時打で先制すればその裏首都大東京は先頭・青木の安打に敵失が絡んで青木がそのまま生還。 さらに小林の適時打で追いついた。2回にも1点ずつを取り合うと4回表には日大生物が2死2塁から 9番・大島の適時打で勝ち越し。上位にまわしてしまい、首都大東京先発・斉藤が四球連発で降板。 代わった幅舘も連続押し出しで2点を献上した。5回表にも日大生物は四球から得た好機に 大島が2点適時2塁打。幅舘は6回以降無安打に抑えて味方の反撃を待っただけに 代わりばなの連続押し出しと9番打者に浴びた2点打は痛かった。首都大東京も4回には1死3塁から 森山のスクイズで1点返し、6回には負傷退場した小林に代わって途中から4番に入る 奥ノ坊が2点適時2塁打を放つなどあきらめずに追いかける。そして2点差で迎えた8回裏、 3連続四死球でもらった無死満塁の絶好の好機。しかしここで熊谷に敢行させたスクイズが 空振り(3走憤死)に終わり、続く好機も一打が出ず無得点。2点差が届かなかった。

序盤は双方打ち合いではあるもののエラー合戦・四球合戦の雰囲気ながら走塁死で大量得点に 結びつかない互角の展開。ただ、中盤に効果的に得点した日大生物に対して 首都大東京は、13安打9四死球とさんざん塁上をにぎわし、スクイズ敢行4度、 のべ7打者に送りバント、走者を走らせること4度などと動き回ったものの14残塁に終わった。

平成20年11月3日 県営大宮球場 2・3部入れ替え戦第3戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
首都大東京(3部1位) 0 3 0 1 0 1 0 0 0 5
日大生物(2部6位) 3 0 1 1 0 2 0 0 × 6


平成20年11月1日 越谷市民球場 3・4部入れ替え戦第1戦
1 2 3 4 5 6 7
東京工科大(4部1位) 0 2 5 1 1 0 1 10
東京海洋大(3部6位) 0 0 0 0 0 0 0 0
(7回コールド)

平成20年11月2日 県営大宮球場 3・4部入れ替え戦第2戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京海洋大(3部6位) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
東京工科大(4部1位) 0 0 0 0 0 0 0 0
(9回サヨナラ)

非常にテンポよく締まった好ゲームとなったこの試合、最後は東京工科大に勝利が転がり込んだ。

無難な立ち上がりを見せた東京工科大・藤沼に対して、東京海洋大・西川賢はいきなり 真鍋に3塁打を浴びて無死3塁の危機を迎える立ち上がり。しかしここを無失点に切り抜けると あとは締まった投手戦。藤沼は高めの直球がよく、西川賢は右打者外角への変化球がよく、 ともに連打を許さない。また、守備も非常によく守り、よぶんな危機を招かない。 失礼ながら片や4部チーム、片や3部で大量失点を続けたチーム、とは思えない 締まった展開となった。中盤以降を押し気味に進めたのは東京海洋大。しかし6回表 2安打で迎えた1死1.2塁は西川竜・長尾が凡退、8回表1死1.3塁は4番・肥田にまわるも つまった二ゴロ。本塁タッチアウト、二塁フォースダブルプレー、いずれも難しいと 思われた瞬間、二塁・加茂が1走をうまくタッチして1塁送球で併殺を完成。 よく守る東京工科大に対し、東京海洋大は1点が遠い。そして迎えた9回裏、 東京工科大は平口が安打で出塁。木村亮の送りバントが敵失、木村祐の送りバントが 安打となって無死満塁。最後は加茂が中前にサヨナラ安打を運んだ。

東京工科大は後輩格の文京科学大を除いては唯一3部以上の在籍経験がないチーム であったが、2度目の3部挑戦で初昇格。特に、1年前の同じ顔合わせの入れ替え戦では 完敗し、迎えた今春は4部最下位にまで沈んだところからの3部昇格だけに、 高く評価できる結果と言えよう。一方、大幅なメンバー交代もあった東京海洋大は 今季リーグ戦全敗、入れ替え戦連敗と、いいところのないシーズンとなってしまった。 ただし、がけっぷちの入れ替え戦第2戦にして演じた今日の好ゲーム。 惜しむらくは、このような戦いが、もう2ヶ月でも、もう1ヶ月でも、もう1日でも、 早くから展開できなかっただろうか、というところである。


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ