平成22年 東京新大学野球連盟春季入れ替え戦


[1部リーグ戦] [2部リーグ戦] [3部リーグ戦] [4部リーグ戦]
[入れ替え戦] [大学選手権]


平成22年6月5日 飯能市民球場 1・2部入れ替え戦第1戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
高千穂大(2部1位) 1 0 0 3 1 3 0 0 0 8
杏林大(1部6位) 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2

(この試合の記事は藤島由幸氏によるものです)

両エースが先発した第1戦は序盤から点の取り合いとなり、予想外の展開となった。

1回表に、高千穂大は先頭の村山が内野安打で出塁すると、2番岩間は送りバントの構えすら見せない。 そして、盗塁とサードゴロで走者を3塁まで進めると、次打者・小宮の適時打で鮮やかに先制する。 この日、高千穂大が試みた送りバントの数はゼロ。相手投手の立ち上がりが不安定であると見て、 簡単にアウトを与えるバントではなく若いカウントから好球必打をする作戦だったようだ。

杏林大も反撃する。2回に鳥羽・田辺(エンドラン成功)・小俣の3連打で1死満塁とすると、 中嶋の放ったサードゴロが野選となり同点。3回には鳥羽の適時打で逆転に成功する。 しかし4回表、1死1・3塁のピンチからの内野ゴロを二塁手がセカンドへ悪送球し同点となる。 さらにこの回2点を失い田頭がKOされる。高千穂大は、5回に諏訪の本塁打、 6回にも岩間の適時打や相手の失策も絡んで追加点を奪った。

大きな援護をもらった戸田は、6回以降は走者を2塁に進めず堂々と杏林大を寄り切った。

高千穂大の積極的な攻撃が目立ったゲームとなった。3塁コーチャーズボックスに立つ嶋田監督代行がブロックサインを送ったあと バッターに向かって両腕を前方に突き出す仕草を再三見せていたが、恐らくこれは「とにかく低い打球を打て!」という 指示の確認だったと思われる。事実、高千穂大打線は鋭く低い当たりを積み重ね、登板した杏林大の3投手から合計で13安打を放った。 高く上がった打球は、山田の犠飛と諏訪の本塁打のみであった。 また、各打者が凡打でも一塁ベースへ全力疾走するひたむきな姿勢も垣間見られた。

一方の杏林大は、思わぬ大敗を喫してしまった。大量リードを奪われてからは機動力を活かすこともできなかった。 大事な場面でエラーも出てしまったが、それでも併殺を3つ完成させるなど守備力は高千穂大よりも上に見える。 それから、序盤の3回まで相手投手に60球を投げさせていた。結局戸田には完投を許したものの、 130球近くのボールを投じさせた。たとえ敗れたとしてもコールドゲームにさせず、 相手エースに少しでもダメージを与えようとした粘りが次戦以降に活きてくるかもしれない。

平成22年6月6日 飯能市民球場 1・2部入れ替え戦第2戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
杏林大(1部6位) 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3
高千穂大(2部1位) 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2

杏林大が苦しい試合をものにして五分に戻した。

杏林大は初回、公式戦初登板となる高千穂大・岩上を攻めて1死満塁から鳥羽・小俣の連続適時打で2点を先制。 しかし高千穂大も2回に1死3塁から山口の適時打、3回に2死無走者から1.3塁の好機を作って小宮の適時打で 1点ずつ返し、同点に追いつく。その後は高千穂大が押し気味ではあったものの 5回裏1死1.3塁の好機は1走が牽制死で逸機、6回裏2死1.2塁も実らずリードを奪うことができない。 試合が動いたのは7回表。杏林大は2死1.3塁として2番手・星野を降ろし、 3番手・戸田から切手が初球を詰まりながら右前に勝ち越し適時打。試合が動いた。 追いかける展開となった高千穂大は8回裏、この回から登板した杏林大・山崎の連続死四球から1死2.3塁の 好機を作るも山口にカウント2−1から敢行させたスリーバントスクイズが空振りに終わり、併殺で無得点。 そのまま1点が届かなかった。

高千穂大は早めの継投にしても8回裏無死1塁、無死1.2塁での強攻策にしても、攻守両面で 積極的に攻め続けた。しかしそれだけに、この日適時打を打っていた主砲・山口に 8回裏1死2.3塁カウント2−1からスリーバントスクイズを敢行させて最悪の形となったのは 残念であった。一方の杏林大は特に守備面でよく健闘した。7回を2失点でしのいだ野村もそうだが、 8回無死1.2塁でリリーフし、丁寧に低めをつく投球でパーフェクトリリーフを果たした依田の投球は特に光った。

平成22年6月7日 飯能市民球場 1・2部入れ替え戦第3戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
高千穂大(2部1位) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
杏林大(1部6位) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(延長10回)

詳細記事


平成22年6月5日 飯能市民球場 3・4部入れ替え戦第1戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
国際基督教大(4部1位) 0 0 0 0 0 0 1 1 3 5
電気通信大(3部6位) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

(この試合の記事は藤島由幸氏によるものです)

中盤までは両先発投手が踏ん張りスコアボードにゼロが並んでいたが、 ようやく終盤に試合が動いた。

電通大の先発は左腕の北原。長身から落差の大きいカーブを軸に角度のあるボールを投げおろすタイプだが、 序盤から常に走者を背負う苦しい投球を強いられる。2回から5回までは連続して得点圏にランナーを進められるが、 いずれも無失点で切り抜ける。

電通大は6回から、何と前の回までマスクをかぶっていた内田をマウンドへ送る。 しかし、ここからICUの反撃が始まった。ICUは、7回表に2死2塁から放った笠原のヒットでようやく先制点を叩きだす。 8回・9回にも犠飛や三上の適時打などでダメ押しした。

ICU先発の森井は、途中までは相手にチャンスすら作らせないピッチングを披露した。 リードした7回以降は先頭打者の出塁を許し、7回裏には1死3塁、8回裏には1死満塁のピンチを招くものの併殺などで切り抜けた。 それから、捕手・橋本も変化球を多めに要求し、相手打者に的を絞らせない配球を組み立てていた。 森井は大きく曲がる変化球だけでなく横に小さく滑るカットボールをも投げ分け、電通大打線を3安打無失点に抑えて完投した。

また電通大は、投手交代の際に大幅なシートの変更を行い部員数が少ない中で何とかやりくりしようとする姿勢がうかがえたが、 残念ながら得点を取ることができなかった。

平成22年6月6日 飯能市民球場 3・4部入れ替え戦第2戦
1 2 3 4 5 6 7
電気通信大(3部6位) 1 0 0 0 0 1 0 2
国際基督教大(4部1位) 4 0 0 1 4 2 × 11
(7回コールド)

地力に勝る国際基督教大が電気通信大を押し切った。

先制したのは電気通信大。初回2死2塁から小川の適時2塁打で先制した。 しかしすぐさま国際基督教大はその裏2死1.3塁から鈴木・山田浩・新原連続適時打で一挙に逆転。 4回には笠原四球・ボークの無死2塁から森井のバント処理に敵失が絡み1点。 5回には新原の右前打に失策が絡み、笠原・森井・三上の押し出しもあり4点。 6回には新原の適時3塁打と橋本のスクイズで加点した。 電気通信大は5回、3連続四死球に小川・大谷の連打と続いたものの間に走塁死が2つあって1点止まりに終わるなど つながりを欠いた。守備でも自滅が目立った。 低めへのカーブが効果的だった国際基督教大・山田優と、球は悪くなくとも高めに浮くことが多く ボール先行だった電気通信大・内田の投球が対照的であった。

1季前、3部昇格まであと一歩の入れ替え戦第3戦延長15回を戦い抜いて惜しくもサヨナラボークで敗れた 国際基督教大は、先発出場9人中8人が当時と同じメンバー。半年間保ち続けた悔しさを 最高の形で晴らし、最高の結果を出した。一方、昨季までの大エース・三宅が抜けた 電気通信大は昨季4勝6敗から一転、今季は「12連敗」での4部降格となってしまった。


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ