平成26年 東京新大学野球連盟秋季入れ替え戦


[1部リーグ戦] [2部リーグ戦] [3部リーグ戦] [4部リーグ戦]
[入れ替え戦] [明治神宮大会および予選]


平成26年11月2日 飯能市民球場 1・2部入れ替え戦第1戦
1 2 3 4 5 6 7
高千穂大(1部6位) 0 1 0 0 0 2 2 5
東京学芸大(2部1位) 0 0 0 4 2 4 12×
(7回コールド)

平成26年11月3日 東京国際大学第2グラウンド 1・2部入れ替え戦第2戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京学芸大(2部1位) 0 0 3 0 0 1 2 0 0 6
高千穂大(1部6位) 1 2 0 0 1 1 0 0 0 5


平成26年11月2日 飯能市民球場 2・3部入れ替え戦第1戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
淑徳大埼玉(2部6位) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
電気通信大(3部1位) 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(延長10回サヨナラ)

平成26年11月3日 東京国際大学第2グラウンド 2・3部入れ替え戦第2戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
電気通信大(3部1位) 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2
淑徳大埼玉(2部6位) 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0
(延長11回サヨナラ)

平成26年11月8日 龍ヶ崎市野球場 2・3部入れ替え戦第3戦
1 2 3 4 5 6 7
電気通信大(3部1位) 0 0 0 0 0 0 0 0
淑徳大埼玉(2部6位) 0 0 0 2 2 3 × 7
(7回コールド)

(この試合の記事は匿名希望者によるものです)

ここまでの2試合は、共に延長戦でのサヨナラゲーム。1勝1敗で迎えた第3戦は、戦いの場を茨城県内に移して行われた。

第1戦でも完投した両投手がこの日も先発した。淑徳大・井上は3回に連打を浴びて1死1・2塁のピンチを背負うが、ここで相手の上位打線をきっちり抑え切り抜ける。 電通大・小野寺も2回にノーヒットで2死満塁とされるが、無得点で踏ん張る。 しかし4回、4番・福田に初安打を許し、3連打で先制される。5回にも味方のエラーなどで失点した。 淑徳大打線は攻撃の手を緩めない。6回には代わった齊藤から満塁のチャンスを作ると、横山大地が走者一掃となる適時二塁打を放ち勝利を決定づけた。 井上は、大きく曲がるスライダーと伸びのあるストレートを武器に3安打無失点と好投した。 初戦では敗戦投手となったものの、この入れ替え戦では16回と3分の2イニングで失点1(自責点0)という圧巻の内容だった。

淑徳大には強豪校出身の選手が多いと見え、フィールド上の選手たちに対してベンチからは効果的な指示が出ていた。 こういった掛け声からも、レベルの高い野球を経験してきた部員が揃っていることがうかがえる。 一方の電通大は、連盟加盟直後の共栄大が平成16年に達成して以来の「2季連続昇格」という離れ業を成し遂げるチャンスが訪れたものの、あと一歩及ばなかった。 部員数はそれほど多くないものの、共に速球派である1年生投手を2人擁しており、混戦の3部リーグを制したのもうなずける。 それから、試合中のこの両チームは入れ替え戦らしからぬ独特な雰囲気を醸し出していた。 例えば、学芸大と高千穂大のようにチームの戦力と雰囲気が噛み合うと、得てして観ている者を感動させるような名勝負となる。 今回対戦した両チームもまた別の次元で噛み合っていたために好ゲームとなったのではないだろうか。 第3戦こそ淑徳大が底力を見せて大差となったが、勝負は紙一重であったように思う。 試合終了直後に、敗れた電通大はダッグアウトの前で胴上げを始めた。 宙を舞っていた選手はこのシーズンをもって引退する4年生部員に違いない。 茨城県内ではあったものの、彼らにとっても良き花道となったことだろう。 このグラウンドは、観戦者にもそんなふうに考えさせる力を持っていた。 たつのこスタジアムはすばらしい球場だった。


平成26年11月2日 飯能市民球場 3・4部入れ替え戦第1戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京電機大(3部6位) 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
東京理科大(4部1位) 0 0 1 0 0 0 0 2 × 3

平成26年11月8日 龍ヶ崎市野球場 3・4部入れ替え戦第2戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京理科大(4部1位) 0 0 0 0 0 4 0 1 0 5
東京電機大(3部6位) 0 0 0 0 0 0 1 0 3 4

(この試合の記事は匿名希望者によるものです)

双方ともなかなか流れを掴み切れなかった試合は、最後までどちらが勝つか分からない展開となった。

序盤を優位に進めたのは電機大。3回には1死満塁とし中軸に打順がまわったが凡退。4回にも走者を2塁まで進めてヒットを放つが、 相手の中堅手・伊藤からのこの入れ替え戦2つ目の補殺となる好返球に阻まれ得点することができない。 この日の電機大は実に6度も先頭打者が塁に出たが、試合中盤までに訪れたチャンスを逃したことが後に響くこととなる。 理科大先発の坂口幹は追い込んでからの変化球が有効で、マウンドを降りる6回まで9つの三振を奪う無失点の力投。 対する電機大先発・坂口達也も好投しフライの山を築く。理科大打線がこの試合で喫したフライアウトの数は15。 坂口達也のストレートに差し込まれだいぶ淡泊な印象であったが、やや球威が落ちた6回に突如爆発する。 4番・委文の適時打から始まり、川内の適時二塁打、さらには松原と清親にも連続適時打が飛び出し4点を先制する。 リードを奪った理科大はここから継投での逃げ切りを図る。しかし、このまま終わるかに見えた4点差の最終回に電機大の猛攻を受ける。 先頭の勅使河原がこの日4安打目となる三塁打で出塁すると、横川の二塁打や敵失も重なり1点差まで詰め寄る。 尚も長打が出れば同点という場面を作ったが、最後のバッターが打ち取られ試合終了となった。

理科大は、タイプの異なる4投手を順に登板させた。味方の守備が4つの失策を記録するなどして足を引っ張られたが、 各自が役割を果たして電機大の反撃をかわした。この4人はいずれも1年生であり、今後が楽しみである。 ちょうど10年前には2部リーグでの優勝も飾ったチームであるが、近年は低迷し昨季は初の4部降格という憂き目に遭った。 しかしその直後から始まった試練の夏は、晩秋の龍ヶ崎で完結した。 一方、電機大は今季の3部で3勝を挙げ、リーグ戦の終盤には優勝した電通大にも黒星を付けている。 弱くないチームであるのは間違いないが、やはり気になるのは不可解な不戦敗である。 関係者によると、どうやら以下のような事情があったらしい。「9月7日(日)の試合が悪天候によって中止となり、 9月15日(月)の予備日に組み込まれることとなった。ところが、祝日であっても授業が実施される電機大はメンバーを集めることができない。 このままでは対戦相手にも迷惑がかかると判断し、電機大側から不戦敗を申し出た。」とのことである。 潔いとも思えるが、仮にこの試合が行われて勝敗が変わっていたとしたら今回の4部降格を免れたかもしれない。 そう考えると大変残念である。この入れ替え戦の第2戦は、理科大も初戦で4番を打っていたキャプテンの選手が授業のために出場できなかったようだ。 さすがに土曜日の不参加を認めてしまっては公式戦を消化できなくなってしまうが、 “学生野球”である以上は平日の祝日に試合を実施するかどうかを連盟サイドも考えてみる必要があるのかもしれない。 祝日であっても授業を実施する大学が増えてきた中での今季の電機大の不戦敗。 気の毒で仕方がない。


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ