平成6年 全国大学野球選手権
(東京新大学野球連盟代表)

代表校:創価大


平成6年6月12日 神宮球場 1回戦
1 2 3 4 5 6 7
創価大(東京新大学) 2 4 1 0 1 0 3 11
松阪大(東海地区) 0 0 0 0 0 0 0 0
(7回コールド)

創価大の田坂主将が、バットでチームを引っ張った。一回無死一塁で右中間へ先制二塁打。 二回一死満塁でも右越えの2点二塁打を放ち、「うまくチームを波に乗せられました」。 チームは14安打に7つの盗塁を絡めて11点を重ねた。目標は優勝。快勝に 「このまま自分たちの力を出せれば...」と言葉も弾んだ。
(記事は朝日新聞より引用)


平成6年6月14日 神宮球場 2回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
奈良産業大(近畿学生) 0 2 0 0 1 0 0 0 0 3
創価大(東京新大学) 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2

創価大の先発・中村(一年)は「プレッシャーはなかったのですが...」。 5回で8安打3失点の内容に、一度も顔を上げず、消え入るような声だった。 昨春の選抜大会でベスト8に進んだ長崎日大高のエース。 大舞台での経験を買われての登板だったが、ほろ苦い神宮デビューとなった。 なんとか気を取り直し、「(大学での)全国制覇を目指します」というのがやっとだった。
(記事は朝日新聞より引用)


[1部リーグ戦] [2部リーグ戦] [3部リーグ戦] [4部リーグ戦]
[入れ替え戦] [大学選手権]


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ