平成8年 大学野球選手権
(東京新大学野球連盟代表)

代表校:創価大


平成8年6月11日 神宮球場 2回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
創価大(東京新大学) 4 1 0 1 2 0 2 0 0 10
徳山大(中国地区) 1 0 1 0 1 1 6 0 11×
(9回サヨナラ)

徳山大の劇的なサヨナラ勝ちだった。6点を追う七回、中村の左越え満塁本塁打などで 一気に同点。九回一死満塁で秦が右翼ポール際に本塁打(一塁を回った後に前走者を追い越したため、 記録は単打)を放ち、乱打戦を制した。創価大は三番手・棚橋の投入が裏目に出た。
(記事は朝日新聞より)


[1部リーグ戦] [2部リーグ戦] [3部リーグ戦] [4部リーグ戦]
[入れ替え戦] [大学選手権]


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ