昭和34年 東京新大学野球連盟秋季入れ替え戦

[1部リーグ戦] [2部リーグ戦]
[入れ替え戦]


昭和34年11月22日 東京農工大学グランド 1・2部入れ替え戦第1戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京農工大(2部1位) 0 0 0 0 1 0 0 5 1 7
東京外国語大(1部6位) 0 0 2 3 0 0 0 0 0 5

東京外国語大は3回に三井の2点本塁打で先制し、4回にも東京農工大2番手・兵藤を 攻めて3点。リードを広げるもその後立ち直った兵藤をとらえられない。 対する東京農工大は4点ビハインドの8回に四球の2走者を置いての藤井の 3点本塁打で追い上げ、小泉の2点本塁打で逆転。そのまま押し切って先勝した。

昭和34年11月23日 東京農工大学グランド 1・2部入れ替え戦第2戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京外国語大(1部6位) 0 0 0 0 0 0 1 5 2 8
東京農工大(2部1位) 1 0 0 0 1 0 2 0 0 4

初回に1点を先制した東京農工大は、先発の伊藤が5回まで無安打投球を見せ、 リードを保って終盤を迎える。しかし8回裏、東京外国語大は満塁の好機からの 田中・三井・中沢の3連続適時打で一気に逆転。9回にも加点して逃げ切り、タイに戻した。 東京農工大は1部昇格に王手をかけていた第2戦8回に4-1から逆転を食らい、 痛い星を落とした。

昭和34年11月23日 東京農工大学グランド 1・2部入れ替え戦第3戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京農工大(2部1位) 0 4 1 0 0 0 0 0 0 5
東京外国語大(1部6位) 1 1 1 0 2 0 2 0 × 7

1点を先制された東京農工大は2回に4点を挙げて逆転に成功。しかし点の取り合いと なったこの試合は、東京外国語大もしつこく反撃し5回に大槻の安打で同点。 そして7回に渡辺の安打で逆転を果たした。連投の柳沢が序盤に打たれながら 中盤以降立ち直って東京農工大の反撃を断った。

昭和34年11月23日、東京農工大にとってはなんとも苦い1日となった。


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ