昭和45年 全国大学野球選手権
(東京新大学野球連盟代表)

代表校:東京学芸大


昭和45年6月18日 神宮球場 1回戦
1 2 3 4 5 6 7 8
東京学芸大(東京新大学) 0 0 0 1 0 0 0 0 1
法政大(東京六大学) 0 0 1 4 1 0 0
(8回コールド)

コールドゲームは実力の差だが、学芸大は予想外に善戦した。横綱の胸を借りた気か、 法大先発のエース横山に真正面からぶつかり、ストライクはほとんど見送らずに 振って四回には穐山の右中間三塁打、大岩の右前ヒットで1−1のタイとした。

法大は打者一巡後の三回から打線が活発となり、八回無死で野口の左越え二点本塁打で コールド勝ち。別に気を抜いたわけではあるまいが、ピリッとしたところがなかったのを 最後にやっと締めた。
(記事は朝日新聞より引用)


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ