昭和47年 全国大学野球選手権
(東京新大学野球連盟代表)

代表校:東京学芸大


昭和47年6月14日 神宮球場 1回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京学芸大(東京新大学) 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2
中京大(愛知大学) 0 0 0 0 0 3 2 0 × 5

中京大が六回にやっと逆転した。一死後、生田が安打して二盗、加野が一、二塁間を抜いて一点。 続く星山が0−1から真中高めのカーブを高々と左翼中段へ本塁打して3−2とした。 それまで東学大・江口の軟投にタイミングが合わず一安打、守っても沢田定、上西がさえず苦戦だった。

東学大は五回、四安打したが、バント失敗やけん制に刺され一点どまり。 浮足だった中京大に一気に差をつけられなかったのが悔やまれる。
(記事は朝日新聞より引用)


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ