昭和50年 全国大学野球選手権
(東京新大学野球連盟代表)

代表校:高千穂商科大


昭和50年6月7日 神宮球場 1回戦
1 2 3 4 5 6 7
高千穂商科大(東京新大学) 0 0 0 0 0 0 0 0
大阪商業大(関西大学連合) 0 0 3 0 0 2
(7回コールド)

高千穂商科大の達城は球威もまずまずで、なかなかの力投だった。だが、あとの攻守の力を 比べると、両校にはかなりの開きがあった。

大商大は三回、市川の四球と三木の安打で一死一、三塁に岡野がスクイズを決めて一点。 柳原・田中の連続長打もあって、この回三点。六回は斉藤・三木の三塁打などで 二点を加え、七回は増本の安打と阪本の右中間三塁打で六点目としたあと、 二人目の大森に代打山岡が三塁右に内野安打してコールド勝ちを決めた。

高千穂商科大は二安打だったが、それでもキビキビと動いていた。
(記事は朝日新聞より引用)


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ