昭和51年 全国大学野球選手権
(東京新大学野球連盟代表)

代表校:東京学芸大


昭和51年6月7日 神宮球場 2回戦
1 2 3 4 5 6 7
法政大(東京六大学) 4 1 2 0 2 0 3 12
東京学芸大(東京新大学) 0 0 0 0 0 0 0 0
(7回コールド)

七回コールドゲームになったのは、実力差からみて当然かもしれない。 だが、大差がついた一因には、法大に、一回戦では見られない力強さがあったからだ。 よほど気持ちを引き締めてのぞんだからだろう。一回、高城の遊撃内野安打から 二つの四球で満塁とし、島本の左越え二塁打、犠飛、袴田の安打で四点。 二回以降も一方的に攻めまくった。

東学大は一、四、五回、それぞれバントで走者を進めて、なんとか完敗を まぬがれようと必死だったが、あとひと押しがなかった。
(記事は朝日新聞より引用)


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ