昭和62年 全国大学野球選手権
(東京新大学野球連盟代表)

代表校:流通経済大


昭和62年6月8日 神宮球場 1回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
流通経済大(東京新大学) 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2
札幌大(北海道地区) 0 0 2 0 0 1 0 0 × 3

札幌大は三回、中前安打の鵜島をバントで送った二死二塁で大村が左越えに 二点本塁打して先制。六回は川原の左前安打などで二死三塁として、高橋が左中間に 適時二塁打して加点。長打を有効に生かした。

流通経済大は七回、二点を返したあと、八回は安打と四球で一死一、二塁としたが、 札幌大・永井のゆるいカーブにタイミングが合わず後続が凡退。九回は小林が 右越え二塁打を放ちながらオーバースライディングで好機を逸した。

昨年の準優勝の立役者・八野田投手。この日は九安打されたものの要所は抑えていた。 決勝点となった高橋の二塁打も、「スライダーでしんは外し、打ち取ったと思った」が、 不運にも風に流されて左翼・奥津の懸命のダイビングも及ばなかった。 「八野田の出来は今年で一番よかった。打線の援護がなさすぎた」と大田垣監督は唇をかんでいた。
(記事は朝日新聞より引用)


[1部リーグ戦] [2部リーグ戦] [3部リーグ戦]
[入れ替え戦] [大学選手権]


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ