昭和63年 全国大学野球選手権
(東京新大学野球連盟代表)

代表校:流通経済大


昭和63年6月7日 神宮球場 1回戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
八幡大(九州六大学) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流通経済大(東京新大学) 0 2 0 0 0 1 0 1 × 4

流通経済大の投打がかみ合って八幡大に快勝。二回、安打と四球などで二死満塁として、 高倉の三塁ゴロが不規則バウンドとなって左翼へ転がる間に二者が生還。 八回には救援の足立に三長短打して突き放した。

八幡大は三回、山下栄が右中間二塁打、三好の安打で一死一、三塁としたが三塁走者が牽制死。 その後は右下手投げの村上の変化球にわずか二安打と抑え込まれた。
(記事は朝日新聞より引用)


昭和63年6月9日 神宮球場 準々決勝戦
1 2 3 4 5 6
法政大(東京六大学) 3 3 2 0 0 4 12
流通経済大(東京新大学) 0 0 0 0 0 2 2
(6回コールド)

地力に勝る法政大の圧勝。一回、金城の左越え本塁打を含む四連続長短打で三点を先制すると、 二回にも二死一、三塁で重盗を決めるなど果敢に攻め、三回までに八点を奪った。

流通経済大は、一回の守りのミスが惜しまれる。無死三塁で前進守備をとったことだ。 平凡な遊ゴロが中前へ抜けて傷口を大きく広げてしまった。打撃では葛西から 八安打するなど気を吐いたものの、走塁ミスや二併殺などで要所を抑えられた。
(記事は朝日新聞より引用)


[1部リーグ戦] [2部リーグ戦] [3部リーグ戦]
[入れ替え戦] [大学選手権]


シーズンごとの戦績紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ