中野 春樹(東京学芸大監督)

今季を語る(平成28年春)

今季の抱負 昨秋は2位ということで、残念ながら入れ替え戦にも進むことができず、チームの目標を達成することができませんでした。
今年はまず2部で優勝し、入れ替え戦に進むこと。そして3季ぶりの1部復帰を果たすことがチーム全員の目標です。
投打のバランスの取れたチームに成長させることが監督としての私の使命です。
そうすれば、自ずと結果も伴ってくると思います。
一味違った学大野球部として、春のリーグ戦を戦いたいと思います。
期待の選手 誰と限定することはありませんが、昨秋の戦い方から考えるとやはり投手陣の奮起に期待します。
軸になる阿部、そして左の津元・板倉。この辺が期待通り働いてくれれば十分戦えると感じています。
打線はオープン戦を通して調子のよい選手を起用したいと考えています。
実績のある攻守の要の石山・四番の久保、そしてクリーンアップを任せられる熊谷・梶原、
また長打力のある長江などその活躍を楽しみにしています。
まだまだこれから伸びるチームだと好感触を持っています。

プロフィール

氏名読み なかの・はるき
生年月日 昭和28年3月23日
サイズ 170cm、70kg
経歴 北海道今金高-東京学芸大(S47〜S50)-(埼玉県職員)
幸手商業高(S51〜S53)-越谷西高監督(S54〜H9)-春日部東高監督(H10〜H24)
定年退職後、再任用として越谷北高(H25〜H26)-杉戸農業高(H27)
東京学芸大監督(H28〜)
監督年数 1年
優勝回数 0回
勝敗 23勝7敗
(平成29年春まで)
最高戦績 平成28年春、2部リーグ戦1位(10勝0敗)
簡単紹介 東京学芸大では3度全日本大学野球選手権大会に出場。
教員になってから、越谷西高で平成7年の夏の甲子園に出場(1勝1敗)。
春日部東高では平成13年の夏の大会で埼玉県準優勝。
関東大会は春3回、秋1回出場、平成25年3月定年退職。
現在は再任用で教員をやりながら大学生の指導をしている。


東京学芸大のチーム紹介ページ

加盟校一覧のページ

東京新大学野球連盟のページ