東京水産大学硬式野球部

所在地: 東京都港区港南4-5-7
野球部創設: 昭和?年
連盟加盟: 昭和30年、東京都新制大学野球連盟
部長: 内田グウェン玲子
1部優勝回数: 2回+α
大学選手権出場回数: 1回
明治神宮大会出場回数: 0回


連盟との関与

理工科系リーグ・
文科系リーグ・
医歯薬科系リーグ
(S24〜S25)
東京都新制
大学野球連盟
(S26〜S32)
東京新大学野球連盟
(S33〜)
S30年
途中加盟
S33年、現在に至る


近年の戦績

シーズン 戦績 備考
平成15年秋 3部 4位(4勝6敗)
平成15年春 3部 1位(8勝1敗1分) 入れ替え戦0勝2敗で敗退
平成14年秋 3部 5位(4勝6敗)
平成14年春 3部 3位(5勝5敗)
平成13年秋 3部 3位(5勝4敗1分)
平成13年春 3部 5位(2勝8敗) 最下位決定プレーオフで5位
平成12年秋 3部 6位(2勝8敗) 最下位決定プレーオフで6位
入れ替え戦2勝1敗で3部残留
平成12年春 3部 5位(1勝9敗) 最下位決定プレーオフで5位
平成11年秋 3部 5位(3勝6敗1分)
平成11年春 3部 5位(3勝6敗1分)
平成10年秋 3部 5位(4勝6敗)
平成10年春 3部 4位(3勝7敗)
平成9年秋 3部 3位(7勝3敗)
平成9年春 3部 3位(5勝5敗)
平成8年秋 3部 2位(7勝3敗)
平成8年春 3部 5位(4勝5敗1分)
平成7年秋 4部 1位(4勝1敗) 入れ替え戦2勝1敗で3部昇格
平成7年春 4部 2位(3勝4敗)
平成6年秋 4部 2位(1勝4敗)
平成6年春 3部 6位(2勝8敗) 入れ替え戦1勝2敗で4部降格
平成5年秋 4部 1位 入れ替え戦で3部昇格
平成5年春 4部 2位
平成4年秋 3部 6位 入れ替え戦で4部降格
平成4年春 3部 5位(3勝7敗)
平成3年秋 3部 6位
平成3年春 3部 2位
平成2年秋 3部 5位
平成2年春 3部 6位
平成1年秋 3部 5位(3勝7敗)
平成1年春 2部 6位 入れ替え戦0勝2敗で3部降格
昭和63年秋 2部 5位(4勝6敗)
昭和63年春 2部 4位(4勝6敗)
昭和62年秋 2部 5位(3勝7敗)
昭和62年春 2部 3位(6勝4敗)
昭和61年秋 2部 4位(3勝2敗)
昭和61年春 2部 4位(5勝5敗)
昭和60年秋 2部 5位(2勝3敗)
昭和60年春 2部 3位
昭和59年秋 2部 3位(3勝2敗)
昭和59年春 2部 1位(8勝1敗1分) 入れ替え戦で敗退
昭和58年秋 2部 5位(2勝3敗)
昭和58年春 2部 3位(6勝3敗1分)
昭和57年秋 3部 1位(6勝0敗1分、勝ち点3) 入れ替え戦で2部昇格
昭和57年春 3部 2位(5勝3敗、勝ち点2)
昭和56年秋 3部 1位(6勝2敗、勝ち点3) 入れ替え戦1勝2敗で敗退
昭和56年春 3部 2位(4勝3敗、勝ち点2)
昭和55年秋 3部 2位
昭和55年春 3部 3位(2勝5敗、勝ち点1)
昭和54年秋 3部 3位
昭和54年春 3部 3位
昭和53年秋 3部 3位(2勝4敗、勝ち点1)
昭和52年秋 2部 10位(0勝9敗) 次季から3部制導入で3部
昭和52年春 2部 3位(4勝2敗2分)


平成15年秋のメンバー

番号 ポジション 氏名 投打 学年 出身校 備考
(成績は平成15年秋)
部長 内田 グウェン
玲子
1
主将
内野手 山崎 剛 右左 3 大宮高 3試合0勝2敗、7.15
37-10, 10打点, .270
23 投手 森 裕一朗 右右 2 三木高 H15春3部、MVP・最優秀投手
9試合4勝4敗, 3.09
26-3, 3打点, .115
8 捕手 篠崎 英広 右右 4 戸山高
19 捕手 小野 洋史 右右 3 城北高 27-9, 2打点, .333
3 内野手 塗師 健太 右右 2 小山台高 18-2, 2打点, .111
94 内野手 三井 辰徳 右右 2 堺東高 3-0, 0打点, .000
5 内野手 中原 準 右右 1 葺合高 36-8, 0打点, .222
6 内野手 小野田 悟 右右 1 成城高
9 内野手 横山 浩之 右右 1 穎明館高 36-11, 5打点, .306
88 外野手 馬場 紳一郎 右右 3 桐蔭学園高 24-2, 5打点, .083
12 外野手 野呂 英樹 右左 1 青森高 H15春3部、最多盗塁
H15秋3部、最多盗塁
1試合0勝0敗, 9.00
37-7, 1打点, .189
14 外野手 松原 真己 右右 1 昭和学院秀英高 28-8, 7打点, .286
44 外野手 佐々木 慶一 右右 1 舟入高 7-1, 0打点, .143
69 外野手 中村 賢司 右右 1 高松高 15-2, 0打点, .133
外野手 渡辺 真一郎 右右 1 福島高
マネージャー 江藤 史子 東京工業大附属高
マネージャー 岡田 睦 高崎経済大附属高
マネージャー 竹中 まゆ 多摩高
マネージャー 鶴橋 梓 3 島田高
マネージャー 辻香麻里 2 桜蔭高
マネージャー 市村 綾子 1 星野女子高
マネージャー 佐々木 久美 1 大宮高
マネージャー 藤原 智恵 1 大宮北高


解説

東京新大学野球連盟設立時から所属し、当初1部でなかなか強かったという話である。 大学野球選手権への当連盟からの単独出場権を初めて与えられた昭和40年、 記念すべき当連盟からの初出場を果たしたのはこの東京水産大学である。

しかし、昭和から平成にかかる時期には3部下位校という位置づけに。4部制となった 平成4年後には3部と4部を行ったり来たりのチームとなった。 3部下位をさまよう低迷はしばらく続いたが東京商船大との大学合併直前の 平成15年春、大方の予想を覆しての歓喜の優勝を飾った。

平成15年10月、大学が東京商船大と統合して東京海洋大が誕生。 チームは最後のリーグ戦となった平成15年秋季リーグ戦を3部4勝6敗の4位で終了。 当連盟から初の大学選手権出場を含む上位大会進出4度の伝統校は、 当連盟での49年にわたる戦いに終止符を打ち、平成16年から東京海洋大としてリーグ戦に臨む。


加盟校紹介のページ

東京新大学野球連盟のページ